選べる家づくり

ソーラーサーキットの家

“ソーラーサーキットの家”は、在来工法をベースに、外断熱・二重通気工法を取り入れ、省エネ・健康に配慮した高気密・高断熱(外断熱)住宅です。

他の高気密・高断熱住宅では得られない性能をもつ家です。各段に高い気密性・断熱性を得ています。

また、季節に合わせて機能を変化させることができます。独自の二重通気工法は、断熱性を高めるだけなく、結露の原因となる壁内の湿気も払拭します。冬季・夏季それぞれの気候に合わせて、最適な住み心地をつくりながらも、大きな省エネ効果が得られます。

暑い夏も、じめじめした梅雨も。暮らしの快適を「二重通気」が変える。

二つの通気性が室内環境をゆるやかに調整。夏の寝苦しい夜も、朝までさわやか。

快適な住まいと特徴のしくみ

最近では、“高気密・高断熱”という言葉は、住宅業界では当たり前のように耳にするようになりましたが、その中でもこの工法は、独自の外断熱工法(単純外断熱とは異なります)により、格段に気密性・断熱性能が高いので、冷暖房に必用なエネルギー消費を抑えて効果を得ることが出来ます。基礎及び建物全体を断熱材で包む外断熱工法により、断熱性能が高く、又、保温性に優れているため、少ないエネルギー(電気量)で、冷暖房の効果を得ることができます。これは、わずかな空調で、家中の各室の温度差を少なくし、一年を通して、快適に過ごすことが出来るということです。特に、冬季の廊下・便所・脱衣室・浴室などでも、暖房室との温度差が少ないので、「あ~ 寒い!」といった感覚は、ほとんど感じることが無くなります。

さらに、壁内部は唯一の二重通気工法を取り入れています。これは、断熱性能を向上させるだけではなく、壁内結露及び表面結露を抑制し、カビの発生を抑え、木材の腐食を防ぎ、建物の老朽化防止に多大な効果が得られます。

“ソーラーサーキットの家”にされますと、冬季の暖房に関しては、ガスや灯油を熱源とする火力の強い暖房器具は必用ありませんので、高効率エアコン等をお勧めし、建物全体が快適な温房空間を保てるようにしております。また、夏季におきましても、最小限のエアコン運転で、全ての部屋が心地よい涼房空間を保つことが出来ます。このようにガスや灯油を使わなくても十分快適な温涼房空間を保つことができますので、合わせてオール電化にすることをお勧めしております。光熱費のランニングコストは格段に削減できますし、水蒸気の発生を抑え、結露・カビの発生を防ぎ、燃焼による空気汚染もないので、住む人だけではなく、建物自体の健康にも配慮した住環境創りができると思います。

断熱・保温・計画換気を合わせて、四季を通じて自然な温度・湿度で、結露・カビ及び、シックハウス等も解消し、住む人にやさしい、快適で健康的な住空間を創ります。

  • ソーラーサーキットの家
  • Panasonic
  • TOTO(株)へ
  • クリナップ株式会社
  • トクラス株式会社
Top